銀河の分布や銀河群などについて勉強してた

銀河などについて演習しました。銀河系は大・小マゼラン雲とともに三連銀河となっています。しばし大きなサイズでみると、銀河系やアンドロメダ銀河は、他の銀河とともに累計30個ほどの集まりをつくってある。これを局部銀河群といいます。局部銀河群は直径約600万光年の拡がりをもってある。局部銀河群の表面には、数百万〜1000万光年くらいの間隔で、人数十個の銀河からなる他の銀河群が存在します。また、人数百〜人数千個の銀河の集会を銀河団といいます。一段と、銀河群や銀河団が集まって超銀河団を形成してある。これらの分布を取り調べることによって、宇宙の大量メカニズムが徐々にわかってきました。電波や赤外線、二度とX線などで銀河を観測できるようになると、輝きではわからなかった大きな活力を照射やる銀河のカタチが明らかになりました。その一つがクェーサー(準星)だ。このことを勉強して、知らないことを知れて良かったです。http://www.poieodesign.co/