藤原さくらのフリー中継(大阪)をめぐってのお便り

一昨日Twitterでディスカバリー藤原さくらの自由生が1stアルバム「Soup」の発売思い出として大阪での生へ行ってきました。朝は都内で、昼過ぎからは大阪、翌日は福岡って大忙しのご状況でした。アルバムを買った人間には当日の先界隈獲得への抽選券といったクリアファイルを藤原さくらちゃんから手渡しで取れるというメリットがあったみたいですか、僕はアルバム買ってません。先界隈は諦めそれ以外の仕事場で見ようと思いま早めにあべのキューズモールへ行くことにしました。到着後、便宜上仕事場だけ確認しようといった範疇へ通うって先界隈をめぐっての抽選する人の列を見て驚愕しました。この人たちが先界隈、また抽選講じる界隈から漏れてしまった人間はライブの何時間も前から仕事場受けとりをするかと思うとことが思いやられます。僕はおところをブラブラしたりブレイクをしたりしてウンザリを潰し生時給前から場所のGETへ向かいました。全景良好とは言えませんでしたがいまだに見れたユーザーです。途中からは数要件につき会場に入れない人間もいたので心から早めに行ってよかったと思いました。歌も全部で6曲してくれてドラマで歌っていらっしゃる曲などを生で聴けて感動しました。http://www.craftsnob.co/ryokin/kireimo-ryokinhyo.html

幼児とのサーカス鑑賞のあとで気づいた地

ふる里にいるのですが、近くにサーカス団が立ち寄るという概要がありました。あたしたちで行こうかと計画を立てていたスポット、近頃、地元のチャンネルから乳幼児の通っている園児と保護者1ニックネームを招待してもらえると告知が入り、前日サーカスを見に行ってきました。乳幼児ははじめて見るサーカスに視線を輝かせていました。普段は見極めることの出来ないサーカスを見極める状況を与えて下さって結構ありがたく思っています。
サーカス自体は盛り上がって良かったのですが、テント頃が相当蒸し暑く、冷房やり方もなかったようで予想以上の暑さにやられてしまいました。わたしはお茶を持って行ってなかったので自動売買機でお水を買うことに。怪しく、脱水異変に変わるスポットでした。
そして、地元の知らせで乳幼児の通っている園児たちが取材を受けているVをみていると、後方にたまたま自分の姿勢が映っていました。たいへん疲れた顔で映っていて尚更笑顔でいなければいけないなと気づかされたVでした。http://www.fonfix.co/ashi-datsumo.html